ミュゼで使っているのは特殊なライト

格安で脱毛ができるということで、ミュゼが若い人を中心に支持されています。これまでムダ毛処理に掛けていた時間が節約できることから、学生や主婦の方が通っています。

わきの下やヒザ下のような、肌が露出する部分だけでも脱毛をすれば、お風呂でのスキンケアの時間が大幅に省略できます。ミュゼの施術では、肌に特殊なライトを当てていきます。一回の照射範囲は広く、約100から200の毛穴に作用します。

従来の手法と比較して、1回で広い範囲を施術できるようになったことが、低価格化を実現できた理由です。ライトは、ムダ毛に含まれる黒い色素に反応します。

ムダ毛にはメラニン色素と呼ばれる成分が含まれています。シミやそばかすの原因になる成分なので、雑誌やテレビで耳にしたことのある人もいるはずです。注意したいのが、ムダ毛が生えていないとライトを当てても効果がない点です。

施術を受ける前にムダ毛をシェーバーで剃ってしまうと、ムダ毛がなくなってしまうので施術の意味がありません。サロンに行く前は、ムダ毛処理をしないのがポイントです。

脱毛の施術は痛いのではないかと心配に思うかもしれません。痛みを感じないように出力は弱めに設定しており、肌を弾かれているような感覚がするだけです。施術時間はほんの数分なので、不快感を感じる前に終わってしまいます。

施術中は光が目に入らないように、特殊なゴーグルをはめます。これなら顔周りのムダ毛の施術を受けるときも安心です。