脱毛当日のアルコール摂取について

カミソリや毛抜きを使った自己処理は面倒な上肌を傷めます。そんな百害あって一利なしの自己処理は卒業して、サロンやクリニックでプロに任せる女性が増えています。

光やレーザーを当てるだけで簡単に処理できる上、いったんツルツルになればその状態を長期間維持できるとうれしいばかりです。そんな脱毛ですが、実はしてはいけない禁止事項ががいくつかあるのをご存知でしたか。その一つがアルコールに関しての事項です。

お酒の味が好きとか、付き合いでなどその理由は様々でしょうが、女性でもアルコールに接する機会が増えています。中には毎日の晩酌が日課という方もいらっしゃるかもしれません。

ストレス発散など適量でしたら大いに結構ですが、実は脱毛当日のアルコールの摂取はNGなのです。当日というと施術前に飲酒してスタッフに絡むからが理由と思われるかもしれません。もちろんこういった理由もあるでしょうが、実は一番の理由は違います。

施術後の肌トラブルを避けるためなのです。アルコールを飲むと体が温かくなります。

これは血行が良くなるからで、普段から冷え性の方などは多いに結構と考えるかもしれません。しかし脱毛前後の血行促進はよくないのです。光やレーザーを使った脱毛法は黒い色に反応して熱ダメージを与えることで毛母細胞をやっつけてお手入れを進めます。

直接ダメージを受けるのはムダ毛ですが、生えているのは肌ですから肌にもそれなりのダメージがあります。具体的には軽い火傷状態になるのです。

飲酒で血行が良くなったところで光を照射すると、本来なら肌の乾燥ほどで済むところ、火傷になる可能性があるので、施術前後の飲酒は厳禁なのです。