SPINNING

Die Mannequin (ダイ・マネキン)


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Die Mannequin / Bad Medicine
アルバム『Fino + Bleed』収録

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Die Mannequin / Dead Honey
アルバム『Fino + Bleed』収録
 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Die Mannequin / Do It Or Die
アルバム『Unicorn Steak』収録

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Die Mannequin / Saved By Strangers
アルバム『Unicorn Steak』収録
 
Die Mannequin
Die Mannequin
(ダイ・マネキン)


Die Mannequin
Die Mannequin
 

ケア・フェイリアー(ヴォーカル/ギター)が最初に所属していたバンド、ブラッディ・マネキンズから生まれたダイ・マネキンは、2006年にEMIパブリッシングと契約を結び、ワーナー・ミュージック・カナダ傘下に彼ら自身のレコード・レーベルHow To Killレコードを設立。
 その後、デス・フロム・アバヴ・1979のジェシー・F・キーラーと彼のパートナーであるマスタークラフトのAL-Pによりプロデュースされた4曲入りの1stEP『How To Kill 』を9月にリリース、ガンズ&ローゼズ'の2006年の北米ツアーにおいてオープニング・アクトに抜擢される。このEPからのシングル「オータム・カニバリスト」は、2007年7月、アメリカのiTunes Storeでシングル・オブ・ザ・ウィークに選ばれ、20万DLを記録する。
 9月にはビリー・タレントのイアン・ディーサと、マドンナやグッド・シャーロット、ケイティ・ペリー他のリミックスを手がけたことで知られるDJ/リミキサー、ジュニア・サンチェスによりプロデュースされた2ndEP『Slaughter Daughter』をリリース、SUM41のツアー。
 2008年、2枚のEP『How To Kill』と『Slaughter Daughter』を結合したアルバム『ユニコーン・ステーキ』をリリース、このアルバムにミュージック・ビデオ「ドゥ・イット・オア・ダイ」「セイヴド・バイ・ストレンジャーズ」を収録した日本特別仕様盤で2009年11月、日本デビュー。この『ユニコーン・ステーキ』は日本でもスマッシュヒットを記録し、現在もロングセールスを更新中。
  そして2010年8月、Matt Hyde(Slayer, No Doubt, Monster Magnet)をプロデューサーにむかえ、Jack Irons(Red Hot Chili Peppers, Pearl Jam)がドラマーに参加した、待望のフルアルバム『フィノ・プラス・ブリード』をリリース!
 また、ライヴの評価が非常に高く、ガンズ・アンド・ローゼズやSum41を始め、バックチェリー、デフトーンズなど、錚々たるアーティストのサポートをしており、2009年9月にはマリリン・マンソンとのツアー中に足の指を骨折、車椅子生活を余議なくされたが、そのままツアーを続行している。

『フィノ・プラス・ブリード』日本盤には、MUCH MUSIC VIDEO AWARDS 2010の「UR WildCard」(ファンが投票する2010年のニュー・アーティスト・ベスト・ビデオ)にノミネートされた「バッド・メディシン」(M-6)と、「デッド・ハニー」(M-3)のミュージック・ビデオをCDエクストラ仕様で収録!
解説は山口智男氏!

MORE INFO >>



インフォメーション

  • 「MISS AMERICVNT」がラジオ番組のテーマソングとしてオン・エアー中! ダイ・マネキンの楽曲「MISS AMERICVNT」(アルバム『Fino + Bleed』収録)が FMぐんま「南まりかのオーレザスパ!」内でオン・エアーされています。

    ・放送局:FMぐんま
    ・番組名:「南まりかのオーレザスパ!」
    ・放送時間:毎週金曜12:00−12:30
    (群馬のプロサッカーチーム「ザスパクサツ群馬」応援プログラムです。)

    ・FMぐんまホームページhttp://www.fmgunma.com/
    ・サスパクサツ群馬応援サイト「ザスパチャンネル」 http://www.thespach.jp/

    番組はradiko(http://radiko.jp/)でも聴くことができます。
    ぜひチェックしてみてください!
  • 2012年最新ニュースです!(2012年2月28日)
    ダイ・マネキンから、最新ニュースが届きました!
    ダイ・マネキンのケア・フェイリアー(Vo/G)主演の音楽ドキュメンタリー映画、『Hard Core Logo 2』が、カナダで4月から公開されます(日本公開は未定です)。
    内容は、ダイ・マネキンのライヴや、ケアの日常を追ったものになるようです。
    ポスターにはケアがドーンと登場、これがまたカッコいいですね!

    『Hard Core Logo II』のトレイラーはこちらから!
    http://www.vice.com/en_ca/read/hardcore-logo-2-premiere

    『Hard Core Logo 2』の公式サイトはこちら
    http://www.hardcorelogo2.com/

    また、ダイ・マネキンは、来月からスタジオ入りし、ニュー・アルバムの制作に入るとのことです!
    こちらもニュースを更新していきますので、お楽しみに!
  • カナダのグラミー賞にあたるJuno Awards 2011で2部門にノミネート!
    カナダ版グラミー賞とも言われるなど、カナダ音楽業界で最も権威あるアワード、Juno Awards 2011で、アルバム『Fino + Bleed』が、NEW GROUP OF THE YEAR部門と、ROCK ALBUM OF THE YEAR部門にノミネートされました。詳細はJuno Awards公式HPをご覧ください。
  • Fine誌で紹介されました!
    9/1発売のサーファーファッション誌 『Fine』で、
    ダイ・マネキンのアルバムが紹介されました!
    「女性シンガー、ケア・フェイリアー率いる、カナダはトロント産のパンクロックメタルでもある4人組による初のフルアルバム。ケアのヴォーカルに説得力があり、メタルとパンクロックの両要素をバランスよく吸収したサウンドもタイトで、メロディと曲もクオリティが高い。グイッと頭角を現しそうな逸材だ。 (有島)」
    ぜひご覧ください!
  • GrindHouse TV で、ダイ・マネキンが紹介されました!
    雑誌『GrindHouse magazine』を筆頭に、幅広い活動行うミュージック・ジャーナリスト、有島博志氏が独自の観点でロックなPVを紹介するGrindHouse tvで、「バッド・メディシン」がオンエアされました!
    詳しくは、コチラをご覧ください!
  • WeROCK Cityで紹介されました!
    ROCKポータルサイト「WeROCK City」で、ダイ・マネキンが紹介されました!
    詳しくはコチラをご覧ください。
  • INROCKでカラーグラビア&インタビュー!
    INROCK9月号(8/12発売)で、ダイ・マネキンのカラーグラビアとインタビューが掲載されました!
    「精神的に不安定かって?あったり前じゃない!私、ミュージシャンだよ(笑)?」
    ・・・という気になる見出しから始まる、ケアちゃんらしいインタビューが2ページにわたって掲載されています! ぜひご覧ください!
  • 激ロックでインタビュー!
    激ロック8月号(8/5頃配布)で、ダイ・マネキンのインタビューが掲載されました!
    プロデューサーにマット・ハイド、ドラマーにジャック・アイアンズを起用するまでの経緯や、楽曲のコンセプト、現在の音楽業界についてなど、奥深いインタビューが満載です!
    激ロック ウェブ版では、マガジンに載せきれなかったインタビュー内容が全てチェックできます!ぜひご覧ください!
  • BARKSで紹介されました!
    音楽ポータルサイト、BARKSで、ダイ・マネキンが紹介されました!
    アーティスト情報だけでなく、フルアルバムに収録されるPV2本もアップされています!
    特集ページはコチラ!ぜひご覧ください!
  • MUSIC LOUNGEで紹介されました!
    音楽情報サイト、MUSIC LOUNGEで、ダイ・マネキンが紹介されました!
    くわしくはコチラをご覧ください!
  • 押忍!パンク道場〜第65回で紹介されました!
    HMV ONLINEの人気連載コラム「押忍!パンク道場〜第65回」で、
    ダイ・マネキンが紹介されました。ニュー・イヤーズ・デイやトゥナイト・アライヴも一緒に紹介されています!
    是非ご覧ください!
  • 激ロックの8月の携帯待受に選ばれました!
    8月の激ロック無料携帯待受に、ダイ・マネキンが選ばれました!
    DLは激ロックモバイルから!
  • GrindHouseでインタビュー! GrindHouse 8−9月号(7/31発売号)で、ダイ・マネキンのカラーインタビューが掲載されました!
    今回のニュー・アルバムの情報と、メンバーの新着写真が掲載されています。ぜひご覧ください!
  • 激ロック10周年記念DJパーティーで、ケア嬢の直筆サイン入りTシャツをプレゼント!
    7月23日に 激ロック10周年記念DJパーティーが大阪で開かれます!
    その10周年記念イベントのプレゼントタイムにて、ケア嬢の直筆サイン入りグリズリズムTシャツ(黒/Sサイズ)が、1名様にプレゼントされます!
    「Secret Lover」など、ケア嬢らしいコメントも書き込まれたTシャツは激レアです!

    大阪でのDJパーティーに参加できる方は、ぜひゲットしちゃってください!
    イベントの詳細はコチラ
  • ダイ・マネキン、INROCKに久々の登場!
    INROCK 7月号(6/15発売号)で、ダイ・マネキンの新着情報が紹介されました!
    首を長くして待っていたファンにはたまらない、今回のニュー・アルバムの情報と、Vo/Gケアの新着写真が掲載されています。ぜひご覧ください!
  • ダイ・マネキン、テレビ放映情報です!
    神奈川テレビの人気音楽番組「洋楽天国TUESDAY」 (2010/1/26放送分:火曜24:45〜25:15)で、ダイ・マネキンのVo、ケア嬢の動画メッセージと「セイヴド・バイ・ストレンジャーズ」のミュージック・ビデオ が流れます!ケア嬢の動画は本邦初公開ですので、お楽しみに!
  • ダイ・マネキンのインタビューがBURRN!でも掲載!
    BURRN! 2月号(2010/1/7発売号)で、毎月注目の新人を紹介するページ、STAR IS BURRN! コーナーで、ダイ・マネキンのVo/G、ケアのインタビューが掲載されました!
    お見逃しなく!(146ページです)
  • 激ロック ウェブサイトでダイ・マネキンのロング・インタビューがUPされました!
    激ロック ウェブサイトでVo/Gのケアのロング・インタビューがUPされました!大物バンドとのツアー中の仰天エピソードなど、かなり内 容が濃く面白いです!特にケアのライヴに対する真剣な想いには心がうたれます。必読です!
  • GrindHouse TV で、ダイ・マネキンが紹介されました!
    有島博志氏がホスト役を務め、独自の観点でクールでロックなPVをご紹介する番組、GrindHouse TV で、2009年11月23日、ダイ・マネキンのミュージック・ビデオがオンエアされました!
    有島博志氏のコメントも必見です(ダイ・マネキンは、7分15秒あたりから)
    GrindHouse tv(YouTube)はこちら
  • ダイ・マネキンのVo/G、ケアのアンコール・インタビューが決定!
    INROCK1月号(2009/12/15発売号)で、ダイ・マネキンのインタビュー掲載が決定しました。ケアのもっと個人的なことまで触れた内容の濃いインタビューなので、お楽しみに!

    他のインタビュー掲載情報:
    INROCK10月号(2009/10/15発売号)カラー
    激ロック11月号(2009/11/5配布開始)カラー
    GrindHouse12月-1月号(2009/11/30発売号)カラー
    INROCK1月号(2009/12/15発売号)
    BURRN! 2月号(2010/1/5発売号)
    お読み逃しなく!
  • ダイ・マネキンのロング・インタビューが公開されました!
    著名な音楽ライターでダイ・マネキンの解説も執筆していただいた山口智男氏のブログで、 ダイ・マネキンのVo/G、ケア・フェイリアーのインタビューが掲載中!
    内容が面白くて濃いです!必読ですよ〜!!
  • ダイ・マネキンのアルバム『ユニコーン・ステーキ』が音楽専門誌で紹介されました!

    YOUNG GUITAR 2009年12月号
    フロント・ウーマン:ケア・フェイリアー(vo, g)を擁する、カナダはトロント出身のトリオ・バンドの1stフル。ハスキーがかった、甘さの中にほんのりと毒がある歌唱とパンキッシュなリフ、図太く パワフルなリズムがトリオ・バンドならではの一体感でぶつけてくるス トレートなロックだ。シンプルであるが故に、ギブソンのファイアーバードやエクスプローラーを斧のように振り回すケアの ”カワカッコいい”キャラクターが鮮明に浮き上がる。ニルヴァーナ・ フォロワーであることは明確だが、モトリー・クルーやハノイ・ロックスに代表されるバッド・ボーイズの要素も不思議と感じられた。

    激ロック 2009年11月号
    GUNS N' ROSESやMARILYN MANSON、SUM41、BACKCHERRYなど錚々たるモンスター・バンド達のオープニング・アクトに抜擢されるなど大活躍中のバンドである。ハー ドロック、オルタナ、パンクなど様々な音楽要素を混ぜ合わせた扇情的で強烈な痛快サウンドと、ヴォーカリストであるCare Failureのカリスマ性満点の少しハスキー混じりの力強くセクシーな歌声にはメロメロ。Track.1「Do It Or Die」から最後まで耳から心へガツンと衝撃を受ける事必至の痛快ナンバー揃いの1枚。(記事抜粋)

    BURRN! 2009年12月号
    すでにGUNS N' ROSESやMARILYN MANSONのオープニング・アクトを務めるなど、現地での注目度は相応に高いようだ。中心人物はヴォーカルとギターを兼任するケアなる女性で、RUSH のメンバーらが集ったビッグ・プロジェクトに参加した経験ももつ。ハードなサウンドとアッパーなリズムを掛け合わせたワイルドなロックン・ロールは、ライ ヴにおいて栄えそうなキャッチーさ。ハスキーな響きの歌声にも大きな存在感があり、楽曲とも心地よい整合性を見せる。実際のステージが自ずから気になる内 容で、フル作品にも興味が湧く。(記事抜粋)

    INROCK誌 2009年11月号
    カナダでは、SUM 41、ガンズ・アンド・ローゼズ、そしてマリリン・マンソン等の大物バンドの前座を務めた経験を持つ3人組のパンクバンド、ダイ・マネキン。 メンバーの中心は、紅一点の女性Vo.ケア・フェイリアー。彼らが奏でるのは、スマッシング・パンプキンズやホールを彷彿とさせるかっこいいパンク。ケア の血のような口紅もどこかコートニー(・ラブ)の面影が。(記事抜粋)
  • ダイ・マネキン、テレビで放映決定!
    10/31(土)〜MUSIC ON! TVで、11/4(水)〜スペースシャワーTVでダイ・マネキンの「ドゥ・イット・オア・ダイ」のTV SPOTがたくさんオンエアされるのでお楽しみに!
    また神奈川テレビの人気音楽番組「伊藤政則のROCK CITY」(10/30放送分)、「ビルボード全米TOP40」(11/4放送分)でも放映が決定しました!
  • GrindHouse Magazine(2009/11/30発売号)で、インタビュー掲載決定!
  • 激ロックでインタビュー決定!
    フリー・マガジン、激ロック(2009/11/5配布開始)でダイ・マネキンのインタビューが掲載されます。
    さらに、激ロック携帯待受に、10月度、11月度と2か月連続でダイ・マネキンが選ばれました!
    11月度のデザインはコレ!

    DLは、「激ロック presents 携帯待受」ページから!
  • INROCK11月号(2009/10/15発売号)で、カラー・グラビア&インタビュー掲載!
  • INROCK10月号(2009/09/15発売号)でアルバムが紹介されました!