SPINNING

Valentine (ヴァレンタイン)


クレイトン・ライアン (Guitar, Drums, and Backing Vocals) ダン・クレイマー (Bass and Backing Vocals)

エミリー・エリス (Vocals)      エリック・マタ (Guitar and Screams)

valentine
Valentine
(ヴァレンタイン)


valentine
valentine
 

Valentine is:
EMILY ELLIS / Vocals
CLAYTON RYAN / Guitar, Drums, and Backing Vocals
ERIC MATA / Guitar and Screams
DAN KREMER / Bass and Backing Vocals

2005年に女性ヴォーカリスト、エミリー・エリスを中心にラスベガスで結成されたロック・バンド。2008年にエミリーがLAに活動拠点を移動、クレイトン・ライアン(G/Ds)と出会い、メンバーを一新させて曲作りを始める。その後、ワープド・ツアーやテイスト・オブ・カオス・ツアーなど精力的にライヴを積み重ね、人気が急上昇、日本では2010年1月に、本国アメリカでは2月14日のバレンタインデーにデビュー・アルバム『トゥデイ・イット・ビギンズ』のリ リースが決定!

2007年、2009年にワープド・ツアーに参加、Rockstar Taste of Chaos Tour 2009では、Bring Me The HorizonやThursdayと共演、他にもI Am Ghost、Mestなどのサポート・アクトに抜擢!

クレイトン・ライアン(G/Ds)とエリック・マタ(G)は、
共にエピフォン・ギターとエンドースメント契約している
実力派ギタリスト!

日本盤には、ボーナス・トラック「Too Far Gone」「No Way Out」を2曲収録!

MORE INFO >>



インフォメーション

  • 2009年度 BEST TUNEにヴァレンタインの曲が選ばれました!
    毎年、BURRN! 4月号で、読者の人気投票によるへヴィー・メタル・チャンピオンシップの結果発表が掲載されます。その一環で、BURRN!ライター陣による年間投票も同時に掲載されているのですが・・・、BURRN!誌ライターの河合氏の年間ベスト・チューン10曲に、ヴァレンタインの「All or Nothing」が選ばれました!
  • ヴァレンタインが人気ウェブサイト“UN WIRED TV”で紹介されました!
    アメリカのウェブサイトなので、英語のみとなりますが、バンドの結成、WARPED TOUR、日本のことについても語っています!
    最後は、全員で日本語まで披露!(笑)
    賑やかでバンドの仲の良さが伝わってくるとても楽しいインタビューとなっておりますので、ぜひご覧ください。いつもお洒落なエミリーのロックなL.A. ファッションにも注目です!
  • プレイヤー誌で、ヴァレンタインのアルバムが紹介されました!
    PLAYER (2010年3月号)
    「スピーカー中に気合の入ったリミッターの効いたサウンドが弾ける、 ラスヴェガス出身のヴァレンタインは、紅一点のどんだけ美人なんだと思わずにいられないヴォーカルのエミリーを中心とした4人組の純度100%のメタルバ ンド。激しく歪んだギターのテクニカルなリフと上腕筋3倍増しでのドラムのフィルが息つく暇もなく炸裂するサウンドは圧巻、ベースはひたすら地を這う大蛇 だ。そんな猛者を従えて歌うエミリーの意外に古典的でロマンチックなメロディーが孤高の佇まいで魅せる。ノンストップでイケイケな気分になれること間違い なしだが、電車の中で聞く時は音漏れだけでなく自分の声漏れにも要注意。」(高橋一路氏)
  • 激ロック・ウェブサイトで、ヴァレンタインの動 画&インタビューが掲載されました!
  • VIBEでヴァレンタインのアルバムが紹介されました!
  • ヴァレンタイン、エミリーの携帯待受プレゼント!
    激ロック・ウェブサイトで、激ロック携帯待受プレゼント中です!
    ダウンロードは、「激ロック presents 携帯待受」ページから!
    デザインはコレ!一番人気の写真を使用しました!
    valentine
    激ロック・ウェブサイトでは、これからヴァレンタインの動画やインタビューも掲載されますので、お楽しみに!
  • ヤング・ギター誌で、ヴァレンタインのアルバムが紹介されました!
    YOUNG GUITAR (2010年2月号)
    「和蘭のナルシスト貴公子じゃなければN.Y.のジャーニー・リスペクターでもない、’05年にラスベガスで結成され現在はL.A.を拠点とする4人組のデビュー作。一番のセールス・ポイントはやはりキュートな魅力を振り撒く紅一点シンガー:エミリー・エリス嬢の存在だろう。 バンドを創設した中心人物である彼女の力強くも可憐な歌唱が溌剌と舞うモダンなハード・ロックはキャッチーかつパワフルなもので、 NWOAHM にも通じるラウド/ヘヴィな質感とガールズ・ロック風味のポップな華やかさを両方持ち合わせているのが興味深い。 細部にこだわった緻密なアレンジの中に高技巧なパッセージを忍ばせるバック陣の質も高い。(羽田幸一氏)」
  • INROCKやBURRN!でヴォーカルのエミリーのインタビューが掲載されました!

    BURRN! (2010年2月号)
    「“朝起きたら気分最高で人生素敵って思っちゃった”みたいな表面的な歌詞じゃなくて、私はもっと厚みのある歌詞を書きたいの。」

    INROCK (2010年1月号)
    「男なんていらない。このバンドが私のヴァレンタイン(特別な人)よ!」

    ★エミリーのインタビューはかな〜り面白いです!ぜひお読みください!
  • music.jpの着うたフル・ランキングTOP50にヴァレンタインが3曲ランクイン!
    先行配信がスタートしているヴァレンタイン、music.jpの2010年1月1日付けの着うたフルのランキングで「オール・オア・ナッシング」が12位、「マニピュレイティング・ザ・トルゥース」が40位、「グロリア」は46位と、50位内に3曲ランキング・インしました!
    特に「オール・オア・ナッシング」は1月2日付けのランキングで20位、1月3日付けのランキングでも23位と大健闘しています!
    さらに、music.jpでダウンロードすると、グリズリズム特製の待ち受けフラッシュをプレゼント!
    時計に合わせてグル〜ミ〜の鼻や耳がピクピク動いたり、クシャミしたりする、ここでしかGETできない待ち受けフラッシュです!
    (1月1日からは新色Ver.をプレゼント!)この機会にぜひ!

    valentine
  • HMV ONLINEで予約すると抽選で、エミリーからリストバンドをプレゼント!
    ヴァレンタインのデビュー・アルバム『トゥデイ・イット・ビギンズ』国内盤を1/6までにご予約のお客様から、抽選で5名の方に“リストバンド(直筆サイン入り)”をプレゼント致します!
    詳しくはこちらから!
  • ヴァレンタインの楽曲がBS11の番組エンディング・テーマで流れます!
    2009年12月30日(水)20:00〜21: 00から放映予定の日本BS放送(BS-11)の「大人のバイク時間 MOTORISE(モトライズ)」の番組エンディング・テーマで、ヴァレンタインの楽曲「オール・オア・ナッシング」が流れます!バイクの疾走感とヴァレンタインの疾走するギターがマッチした素晴らしいエンディングになっています。
    お見逃しなく!
  • 2010/2/14 バレンタインデーに全米デビューが決定!
  • 音楽専門雑誌、ヴァレンタイン掲載情報です!
    ・INROCK12月号(2009年11月15日発売号)のUPCOMING ARTISTSページで本邦初登場!
    ・INROCK1月号(2009年12月15日発売号)でインタビューが決定!
    ・激ロック1月号(2010年1月8日配布号)でインタビューが決定!
    ・BURRN!2月号(2010年1月5日発売号)でインタビューが決定!






 
ヴァレンタイン
壁紙プレゼント!
800×600
1024×768
1280×1024
1600×1200
(お使いのパソコンに合うサイズを選んでね!)